新だらぶろ(仮)
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一年経っちまったー

もうあれから1年経つとは
立ち直れねえなまったく。

ところで久々に更新にきたら左側の記事を書くとかのメニューが選べないんだが
どうなってんだこれ。

まあいいか。
スポンサーサイト

あけましてご無沙汰ございます。

あけましておめでとうございます。
元々身内しか見ていないブログなのもあり、LINEのタイムラインがお手軽なのもあり、
いろいろと面倒なブログを更新する気力がなくなってました。

猫を失った悲しみでしばらくいろいろやる気を失ってましたが、
なんか好きなことやって気を紛らわすしかないとのアドバイスを元に、
去年はひたすら模型いじりしてました。
よう手を動かした、そして悲しかった1年だった。

そして年賀状を書いてないんですよ。どうしよう。
なんか年賀状届いてるし。どうしよう。
年末は風邪で寝込むし寂しいしもう私はもうだめだ。もうだめぴ。


以下2015年の品々。

201601011.png
ORIGINシャア専用ザクⅡとRGザクⅡをいじったザクⅠ。
ORIGIN版のザクⅠなんかもでるらしいので並べたいね。

201601012.png
知らないガンダムのMSとジムスナイパーK9。
いつもはジオン組しか作ってないのに急に知らない子とか連邦組の子を連れてきたりするのでした。

201601013.png
更にまったく知らないダンボール戦記なんてキット買ってみたりして。それと百万式。
ジョーカーは見た目がすごく好みで気になってたから思い切って購入、思い切って好みの色に全塗装。
百万式は意外とスマートなのもいいなとK9で思ったので某所のレビュー記事なんか見て購入。全塗装。
今思えばなんでこんなピンクに染めてしまったのかとちょっと後悔している。

201601014.jpg
ORIGINのモビルワーカーさん。
オレンジ色成形がなんとも安っぽく感じたので全塗装。
量産しそうな色になってしまいました。
胸部のワイヤーは紐になってて実際に巻き取れます。

201601015.jpg
こちらは2015年、買ってよかったもの集。
みんなよくできてる。最高。


岩田聡追悼

日本のゲーム業界は一体どうなる!?

最近スマホゲーのどこでもモンスターパレードをやってるわけだが
それで2chスレ見てたら任天堂の社長死んだなみたいな書き込みあってビックリした。それはもうすげえビックリした。
見間違いか!?釣りか!?と裏を取るためにほぼ日刊イトイ新聞へ。
こりゃ間違いねえわ・・・。
急すぎてしばらく開いた口塞がらなかった。

ここ最近の任天堂の二枚舌にも取れるような変な動きのすべてに合点がいった。

誰が後継につくにせよ、今業界にいわっち以上の人物はいないんじゃないかなと私は思う。


社長業相当無理してたろ・・・ゆっくり休んで下さい・・・悲しい。

なんもする気起きない

喪失感で何もする気がおきない。

なにか支えが欲しいがもう動物は飼いたくない。
別れが怖い。

動物ってのは予想以上に大きな存在になってしまうんだなあ。


さようならミミちゃん。

201505101.jpg
ここ数日、体調の悪かったウチの猫、ミミちゃんですが
恐れていたお別れがきてしまいました。
14歳と8ヶ月。
別になにか根拠があったわけではないですが、20歳近くまでは生きてくれるだろうと勝手に思っていました。

思えば私は人生の半分以上一緒に過ごしたんだなあ。喪失感半端ない。
いくら泣いても癒やしきれない。
命より大切な家族だった。彼の存在は生きてる理由でもあった。
家族3人で涙と溜め息ばかりである。


というわけで今日は思い出話。と最期。
過去何度も話したものまで全部総括。画像は時代順(になってるハズ)。

私が中学2年生の夏、運動会の練習の帰りにふと視界の隅に何かが映った気がして、一度は通り過ぎるも見に戻る。
段ボール箱の中に毛布だったかなにかが入っていた。めくるとハムスター!じゃなくて子猫だった。
ホントにちっちゃくてハムスターだと思った。
めくった瞬間から必死の大声でにゃー!にゃー!にゃー!

201505102.jpg
これはいかん。でも勝手に連れて帰るわけにもいかん。とりあえず急いで帰ろう。
帰って母に状況説明するとちょっと様子を見に行こうってことになり、
見てしまったらもう最後である。
母は黙って手の上に乗せて連れて帰ってしまったのでした。

201505103.jpg
真夏の9月13日。ダンボールにいれて放置。
まだ目も開いていない、ということは生まれて1週間前後?
かなり衰弱している。
しかも後ろ足を引きずっている。
救えないかもしれないとも思ったが、とりあえず温めた牛乳少量を与えて様子を見る。
父も動物が好きなので突然の子猫にも喜び、すぐさま猫用ミルクを買って来た。
その後はどんどん回復し、目もすぐに開き、引きずっていた足も普通になり、
離乳食を食べ、缶詰を食べ、カリカリを食べ、成長し、
カーテン登ったり扉の間のクッションを駆け上がってボロボロにしたり、
(食べないくせに)晩飯の鮭盗んだり餃子盗んだり、
子猫らしい遊び盛りのやんちゃ猫になりました。

201505104.jpg
それからどんどんデブ猫化してゆくわけですが、いつもの写真の体型になるには理由がありました。
猫飼ったことがある人はわかるかもしれないけど去勢である。人間の勝手である。
これはどうもずっと後悔していることの一つなんだよねえ。
当時はマーキングがひどかった。
しばらく耐えたが、両親の押しもあり、去勢するには遅めの時期に仕方なく踏み切った。

201505105.jpg
食欲が旺盛になり、どんどん体重が増え、一番重かった時は多分8kg。
やはり決まった時間にこれだけ!というスタイルでご飯あげないとダメだね。
去勢したら太るまで食うかもしれん。
全国の猫ちゃんの飼い主さんは絶対に間違うな。絶対だ。

でも一度自由に食べさせてたのに急にってのもなかなか酷な話だし、
状況によっていろいろ難しいこともあるんだよね。
うちは楽観的だったのもあり、そこまで食べすぎて太るとも当時は思ってなかった。これもまた後悔。

そういやこの時期血尿にもなったっけな。
結石ができただったかなにかで。
病院には連れて行ったけど、特になにもせずに治った。

201505106.jpg
しばらく経つと太りすぎて便秘になる。
腸の状況はどんなもんかとレントゲンを撮ってもらった結果、
「事故とかに遭われたことありますか?」
骨盤が少し曲がった形でくっついており、そのせいで肛門のスペースが小さくなっていた模様。
「拾ってきたときに後ろ足引きずってたあれだ・・・。」
生まれたときに落としたとかそんなんが原因かなあ。許せん。
巨大結腸症になってるかもしれません。」
手術でたわんだ腸を切除すればいいらしい。
もう手術はさせたくない。どうしよう。とりあえず保留。

201505107.jpg
昔からあるらしい古い病院を裏切り、新しめで人気の動物病院に行ってみる。
「最近出た療法食があります。これで便秘が解決した子がいます。試してみますか?」
手術以外で治せる術あるじゃないか。さすが新しい病院は話がわかる。

消化器サポート(可溶性繊維)
これが効果覿面!
お前どんだけいっぺんにするのかと。
芋づる式的に、腸の中身を全部いっぺんに出すかのようにでたのでした。
便秘で悩んでる猫ちゃんは必ず試せ。絶対だ。

201505108.jpg
一旦は解決したのになあ。
また便秘になる。
例の新しい病院は遠すぎたので、近くに新しくできた病院へ。
血液検査の結果、甲状腺機能亢進症では?という話に。異常な数値がでたようだ。
食欲旺盛で元気いっぱいなのにどんどん痩せてやがて死んでいく・・・。という恐ろしい内容。
念の為薬を飲み始めたが、別に言われている症状がでない。
太りっぱなし。むしろもっと太り始める。
試しに再検査すると正常値。
誤診の可能性もあるってことで、しばらく経ってもう一度検査。やはり正常値。
一体なんだったんだ・・・。

201505109.jpg
そこからはまたしばらく病院のお世話にはならずに過ごす。

2015051010.jpg
また便秘に。
便秘で食欲もでない。これはまずい。
病院で浣腸をして無理やりだす。点滴もする。
その次もでない。
しかししばらくでていないにしてはそんなには溜まっていない様子。
食欲自体がなくなってたからそのせいかなあ。
溜まってるには溜まっていたのでまた浣腸&点滴。
また甲状腺機能亢進症とか怖いし、別の病気の可能性もあるのでついでに血液検査実施。
正常値。

2015051011.jpg
ここからはあっという間に話が進む。
あまりに食欲がない。少量食べていた状態から、自分からは食べない状態に。
手で目の前に持って行くと食べる。

2015051012.jpg
食べ物を避け始める。日課だったミルクも飲まない。
あまりに食べないので便もでない。
水を飲みに行った先で座りこんでいたり、あまり動かなくなる。
丸2日くらいまったく食べない状態になったので病院へ。
エコー検査してもとりあえず異常なし。
血液検査をしたところ血の量が普通の半分くらいになっています。貧血です。
すぐに入院させないと血の減っているペースにもよりますが2、3日で亡くなる可能性もあります。みたいな状態。
病院で亡くなる可能性もある。
入院すれば治る可能性あり、連れて帰ると間違いなくアウト。
まさかそんな事になるとは思わなかった。母と相談し、治る可能性に賭けた。
病院嫌いのミミちゃんを置いてゆくのはとても辛かった。最期珍しく怒って唸ってたんだよなあ・・・。

2015051013.jpg
次の日の5月7日の午前中に「亡くなりました・・・」と電話。
そんな早く・・・まさか・・・。
考えが甘かった。
その前に血液検査をした時に微妙に低かった数値に注目して、近いうちに来るように言えばよかったとも言われた。
でもあの食欲の落ちっぷりで早く気づいて病院で徹底的に検査しなかったのも悪い。
病院大嫌いだからなかなか、、連れて行き辛かった。

最期なんて言ってたのかな・・・。
見捨てられたと思っただろうか。ミミちゃんはわかってくれただろうか。
幸せな人生だったろうか。

人間の願望的な考えだと「幸せだったよ。ちゃんとわかってるよ。」となるかもしれないしそう思いたい。
でも現実的に考えれば死んだらもうそこでおしまい。
人間がどういう思いを持っていたのか猫が理解できていたわけがない。
体調悪いのにゆっくりしたいのに嫌なところに連れていかれ、一人にされた。
もうだめだ。と死んでいったのかもしれない。
そんな気もするから辛い。病院で死なせたことはこの先二度と忘れない後悔。
あなた、魂の存在を信じる?信じたい。

結果を見た今なら大好きな母の隣で逝かせてあげるのが一番だったと思う。でも未来がわかるはずもない。
連れて帰ったらそれはそれで入院させたらもっと生きれたかもという後悔になるのは間違いないだろう。
けどさー・・・。

2015051014.jpg
ラストショットは3月11日。
もっと撮っておけばよかった。
もっと遊んであげればよかった。
もっと顔見ておけばよかった。
はぁ・・・。

すぐに家族3人でミミちゃんの亡骸と対面。
霊園に電話。母のベッドの上に安置。
ずっと撫でてたけど、死後硬直し、冷たくなってゆく。死を実感。
線香を買いに行き、夕方。
足伸ばしたまま硬直しちゃうと棺に入らない可能性あるから~と電話。遅すぎるよ。
寝ずに線香の番。
少しずつ曲げようと思って手足を触ってたら何故か急に死後硬直が解けて難なく収まる。
次の日朝2時くらいだったかな。死後硬直ってそんなに解けるの早いっけ。

8日霊園へ。
いつも食べてたカリカリ
小さい頃から大好きでずっと手放さなかった白い布生地(5枚目の写真の頭に巻かれてるやつ)
家族3人のメッセージカード
白いカーネーション
を一緒に焼く。
爪の骨が燃え尽きずに残っていた。

人間の時と違ってすごく丁寧なのな。
細かい骨の欠片まで余すことなく回収してくれた。
全身骨壷にぴったり収まり、嬉しかった。でも悲しかった。

遺骨は持って帰った。
また会えるかなー。


そういえば不思議なことがある。
うちの母は最近足がいたく、毎朝痛み止め飲んでたんだ。
それがミミちゃん亡くなった日から今のところ痛み止めなしで痛くないらしい。
これはやっぱオカルト的に考えたほうがいいのかな?


ミミちゃんいろいろごめん。
いろいろ本当にありがとう。
私は幸せだった。




プロフィール

ろっきー

Author:ろっきー
壊滅したマイキット軍よりFC2軍に移籍。
なんやらかんやらを不定期で語る。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


月別アーカイブ


最新記事


最新コメント


カテゴリ


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。